So-net無料ブログ作成
検索選択

ゲンジボタルが乱舞=山口市〔地域〕(時事通信)

 山口市の中心部を流れる一の坂川で、ゲンジボタルが無数の光を放って乱舞し、幻想的な風景を作り出している。同川のホタルの保護や河川美化などに取り組む「大殿ホタルを守る会」によると、今年は例年よりも遅く、先月13日に光を放つ姿が確認された。今月上旬ごろまで楽しめるという。
 同会は1991年に発足。毎年シーズンの終盤にメスのホタル約100匹を採取し、生んだタマゴを幼虫まで飼育。秋には幼虫を川に放流している。同川流域のゲンジボタルは国の天然記念物に指定されている。事務局長の岡田勝栄さん(65)は「乱舞する姿も華やかだが、シーズン終盤の『なごりのホタル』も楽しい。少ないホタルがふわっと飛ぶのもいいですよ」と話す。
 飛んでいるホタルは見物客の肩や手に止まることも。地元住民らは「きれいだなあ」とうっとりとした様子で見とれていた。 

成田空港 新ターミナル検討 格安航空会社専用(毎日新聞)
民家火災で10代姉弟焼死=4人重軽傷―大分(時事通信)
新首相は苦労人、久々の「非お坊ちゃま型」(読売新聞)
宮崎の優良種牛5頭「異常なし」=国も生き残り容認へ―口蹄疫問題(時事通信)
<気象庁>震度速報が未配信 (毎日新聞)

<「猫に餌やり」訴訟>加藤元名人、控訴を断念(毎日新聞)

 餌付けで集まった野良猫のふん尿で被害を受けたとして、東京三鷹市の住民らが、将棋の元名人・加藤一二三(ひふみ)九段(70)に餌付け中止などを求めた訴訟で加藤氏は26日、控訴しない方針を明らかにした。毎日新聞の取材に加藤氏は「判決文を熟読すると、猫の命を大切にするという私の取ってきた行動を認めてくれている」と述べた。

 判決は餌付けによってふん尿などの被害が住民の受忍限度を超えたと認定、集合住宅敷地内での餌付け差し止めと計204万円の賠償支払いを命じた。加藤氏は判決直後に控訴する意向を示していた。【池田知広】

首相、被害救済の特別立法に意欲=口蹄疫で政府報告と質疑―国会(時事通信)
北の大地が育んだ風味をデザートで…「北海道セレクション」登場(産経新聞)
エモやん「私は即戦力」“政界巨人阪神戦”に自信(スポーツ報知)
【1都4県週刊知事】静岡 川勝平太知事 知事会欠席は確信犯(産経新聞)
<パロマ工業中毒死>元社長ら有罪確定 被害者母「悔しい」(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。